採用企業様へ

事業の背景・目的

物流人材育成・確保事業

宮城県は東北地⽅における⽞関⼝として物流拠点の機能を有しており、今後、三陸縦貫⾃動⾞道やみやぎ県北⾼速幹線道路などの交通ネットワークの構築が進展し、物流の役割が⼀層重要となることが⾒込まれる⼀⽅、物流業界は慢性的なトラックドライバー不⾜や⾼齢化が深刻な問題となっています。
こうした状況を踏まえ、本県における将来の物流機能の維持に向けて、雇⽤型訓練を実施することにより、次世代を担う物流⼈材の育成・確保を図ります。

事業の流れ

Step1マッチング

求職者と雇用先企業とのマッチングの場としてイベントを開催します。企業のブースも設置し、求職者との接点を設けます。イベント参加以外の企業の求人も紹介します。また、イベントに参加しなかった方への個別相談も事務局にて実施します。

Step2採用・入社

マッチング成立後、訓練受講者を雇用いただきます。

  • 訓練開始までに雇用先企業と新規で雇用契約を締結していることが必須となりますので、ご注意ください。
  • 訓練受講者の募集は、定員に達し次第終了いたします。

Step3訓練受講

入社後、訓練受講者には、「運転免許取得訓練」「実践訓練」の2つの訓練を受講いただきます。
2つの訓練を同時並行で進めていくことで、免許取得とともに物流業界での就業に必要なビジネススキルや専門スキルを身に付け、訓練終了後には戦力として活躍いただけるように育成します。

実施時期
2018年11⽉〜2019年1⽉

取得する免許によって、研修日数は変動します。

1.運転免許取得訓練

県内各教習所にて運転免許の取得を行っていただきます。

取得可能な運転免許:大型免許、中型免許、準中型免許

2.実践訓練

講習内容

ビジネス基礎(コミュニケーション等)、物流専⾨教育、輸送業務実習など

上記講習内容は予定であり、変更される場合があります。

その他フォークリフト運転技能講習

対象企業

本事業の対象となる企業は、原則として⼀般社団法⼈宮城県トラック協会の会員企業である物流企業で、求職者を正規雇⽤する意向がある事業者とします。
なお、本事業の参画にあたっては、労働保険の加⼊など、⼀定の要件を満たす必要があります。

対象者

訓練受講の対象者は、本事業のマッチングを経て対象企業である県内物流企業に⼊社が確定した新規雇⽤者とします。

「運転免許取得訓練」・「実践訓練」の開始までに、雇⽤先企業と新規で雇⽤契約を締結していることが必須となります。

費用について

本事業で発⽣する、免許の取得費⽤や訓練期間中の給与(規定あり)は本事業にて負担します

対象となる費用(予定)

  • 運転免許取得に係る費用
  • 訓練期間中の賃金(規定あり)
  • 訓練期間中の交通費(実費相当)

雇用先企業にて費用を負担いただき、訓練終了後一定期間定着されたことを確認後、負担分の支払いとなります。

お申込み方法

お申込みには申請書の作成が必要となります。
また、詳細については実施要綱に記載していますので、実施要綱一式をダウンロードし、作成してください。

サイトTOPへ戻る